眉毛が生えてこない原因は何?どうしても生やしたい人が知っておくべき眉毛の知識

眉毛が生えてこない原因と対策

普通はそのままにしておけば生えてくるはずの眉毛。しかし、人によっては「眉毛が生えてこない!」と悩む人も多くいます。

では、眉毛がきちんと生えてくる人生えてこない人は一体何なのでしょうか?このページでは眉毛が生えてこないと悩む人に向けて、まず解決したい原因を紹介していきます。

まずは眉毛が生えない原因を知ることから始めよう

眉毛が生えない原因

眉毛が生えてこない=原因があるということです。そしてこの原因が分からなければ対策をしようにもできません。

ここでは眉毛が生えてこない人に共通する6つの原因を紹介していきますので、どこが問題なのか、自分の生活を振り返っていきましょう。


  1. 眉毛の毛周期の乱れ
  2. 抜きすぎや剃りすぎ
  3. 眉毛の毛穴つまり
  4. 栄養不足
  5. ストレス
  6. 乾燥

眉毛の毛周期の乱れ

眉毛には成長期・退行期・休止期の3つのヘアサイクルがあり、眉毛の場合の1サイクルは2か月~3か月と言われています。

しかし、眉毛を抜きすぎたり剃りすぎてしまうとこの毛周期が乱れてしまい、例えば生えてきたばかりの眉毛も普通よりはやく抜け落ちてしまうことがあります。

また遺伝やストレス、加齢、生活習慣などによっても毛周期が崩れます。特に男女ともにある男性ホルモンの影響が原因とされていますが、これを解決するためには継続的な生活改善が必要です。

この生活改善をしてもヘアサイクルが改善されるまでには4か月~半年が必要だと分かっています。ですので眉毛美容液などを使用するなどして、効率的に毛周期を整える必要があります。

マユライズ使ってるのに生えない
マユライズの口コミ評価が高いことを受けて、マユライズを注文し、現在1か月トライアル中です。 そんな中ですが、全く眉毛が生えてきません。特に...

抜きすぎや剃りすぎ

抜きすぎや剃りすぎ

眉毛を抜きすぎたり剃りすぎたりすると眉毛の「毛母細胞」がダメージを受け、眉毛が生えてこなくなります。

よく「抜きすぎで生えてこない!」という悩みがQ&Aサイトに投稿されていたりしますが、これは科学的にも当然だということです。

しかし「抜きすぎて毛母細胞が死んだからもう二度と生えてこない」というのは嘘の情報です。毛母細胞が死ぬことはかなりの怪我や火傷を負った際だけでほとんどありませんし、抜いたり剃ったりするだけでは死にません。

ですので、毛母細胞に働きかける成分の入った眉毛美容液を使うことで活性化させれば、これまで通りに生えてくるようになります。

眉毛の毛穴つまり

毛穴のつまり

毛穴の汚れは眉毛の成長を阻害します。眉毛周りの血行不良にもつながりますので、生えてきたとしても眉毛に栄養が与えられずすぐに抜けて落ちてしまいます。

また毛穴の汚れは皮膚トラブルのもととなります。もし化粧品などを使っていて「眉毛周りに炎症が起こりやすい」という方は、そもそも汚れが落とせていないかもしれません。

できることはメイクをしっかり落とすことや、汗や皮脂がたまっている後はしっかり洗い落とすということです。

できるのであれば青魚に含まれるDHA・EPAやナッツ類に多いαリノレン酸、ビタミンB2やB6、Cなどを摂取しましょう。これらには皮脂の分泌を抑制する効果があります。汚れ自体の分泌を抑えるようにして、生えてきやすい眉環境を整えましょう。

栄養不足

栄養不足

毛は栄養が元となって生えてきます。これが足りていないと、「細い眉毛」「切れやすい眉毛」「抜けやすい眉毛」「眉毛周りの炎症」につながり、生えてこないことが多くあります。

眉毛は「タンパク質」でできています。つまりタンパク質の摂取量が少ない人はそもそも眉毛の材料が摂取できていないということであり、生えてくるものも生えてこないのです。

また、それ以外にもビオチン(ビタミンH)やポリアミン、亜鉛やビタミンB2・6なども併せて摂取することでより伸びやすい環境を整えることができます。

ストレス

ストレス

ストレスによって髪の毛の一部が生えてこなくなる円形脱毛症がありますが、これは眉毛においても起こることがあります。

またストレスを感じた時に眉毛を触るクセがある方もいらっしゃり、いつのまにか眉毛に汚れがたまったり、知らず知らずのうちに抜いてしまっていたということもあります。

ストレスはなかなか減らせませんが、まずはゴールデンタイム(10時~2時)の睡眠などをしっかりとることから始めてみましょう。

乾燥

乾燥

眉毛周りが乾燥していると、毛穴に汚れがたまりやすくなったり掻きむしったりしてしまいます。また、眉毛周りの皮脂の過剰分泌やバリア機能の低下なども起こりますので、眉毛を生やすためには乾燥対策も大切です。

例えば顔は化粧水などを使って保湿すると思いますが、乾燥しがちという方は眉毛美容液(眉毛に使える化粧水)を使って、眉毛周りの保湿もしていきましょう。

生えてこない眉毛を生やすには?今日からできる対策

ここまで6つの眉毛が生えてこない原因を紹介してきました。では、どうすれば生えてこない眉毛を生やすことができるのでしょうか?

眉毛が生えてくる環境を整える眉毛美容液

マユライズ

「抜きすぎや剃りすぎて毛母細胞や毛乳頭が弱っている可能性がある」
「乾燥しがちだけど眉毛周りの保湿は何もしていない」
「眉毛に栄養を補給したことがない」

そんな方にオススメなのが眉毛美容液です。眉毛美容液にはハリ・コシのある眉毛を作るための栄養素や、毛周期を整えるはたらき、毛母細胞や毛乳頭に栄養を与えるはたらきがあります。

その中でもオススメなのが「マユライズ」です。マユライズは眉毛美容液としてナンバーワンの商品であり、@コスメでも口コミ評価が☆5.4/7点と高い商品です。

>>マユライズ公式サイト

※初回500円キャンペーン中・眉毛カタログの特典付き

足りない栄養を補いまつ毛も生やすバンビウィンク

バンビウィンク

「普段の食生活が乱れている」という方にオススメなのが「バンビウィンク」です。バンビウィンクは「まつ毛を生やす栄養素」が配合されていますが、「眉毛」にも効果があります。

このバンビウィンクはアットコスメの取締役や三越伊勢丹、そごう、アマゾン、有名ドラッグストアのバイヤーなど10名が審査し、「一番仕入れたい商品」として賞を受賞した商品で、@コスメでも1位になったことのあるマツイク・マユイクサプリです。

わずらわしい定期購入の回数縛りもなく、好きな時に休止・解約できるのもメリットの1つです。

>>バンビウィンク公式サイト

※いつでも休止・解約可能、キャンペーンについては公式サイトをご覧下さい

普段のメイク落としをしっかり行う

それらと併せて行いたいのが眉毛周りのメイクオフです。毛穴の汚れがたまっていればせっかくの有効成分も浸透しませんし、生えてこない原因の元となるからです。

また、メイクオフをした後の眉毛周りは乾燥していますから、眉毛周りの肌トラブルも起こりやすくなっています。ですので、保湿効果のあるマユライズなどでしっかり保湿しましょう。

さいごに

これらの対策を行って2か月~3か月後。今までなら生えてこなかった眉毛が生えてきて、もうちょっと頑張ればすっぴん眉毛に自信が持てるようになるはずです。

メイクが落ちて眉毛がない!なんて困ることもありませんし、友達と旅行に行った時も堂々とすっぴんでいられます。

朝忙しい時に慌てて眉毛をメイクする必要もなくなり、地毛だけなのに綺麗な眉毛を手に入れられることもあるようです。

素敵なアイテムが揃っている現代だからこそ、効率的に眉毛を生やすケアを進めていき、生えてこない悩みをさっと解決してしまいましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。